紀要編集・執筆規定

 

 

【編集規定】 

 

1. 発行回数

本誌は外国語教育メディア学会九州・沖縄支部の紀要であり、発行は年1回とする。

ただし、掲載論文等の数、その他の事由によって発行が調整されることがある。

 

2. 目的

本誌は当支部会員による論文等の発表にあてる。

 

3. 内容

本誌は外国語教育とそれに関連する研究論文、実践報告およびその他の報告(研究ノート、教材解説、書評等)を掲載する。

投稿に際しては、研究論文・実践報告等のジャンルを明らかにするものとする。

 

4. 原稿の制限

原稿は未公刊のものに限る。論文等の執筆は、所定の執筆要項に準拠する。

 

5. 選考

原稿は編集委員会の選考を経て掲載する。ただし、必要に応じて原稿に一部修正を加えることがある。

 

6. 印刷

原稿(依頼原稿を除く)の印刷に関しては、その費用の一部を次のとおり、執筆者の負担とする。

一人10ページ以内で15,000円を基準とし、1ページごとに2,000円がプラスされる。

論文等一件当たり上限15ページまでとする。

 

7. 原稿の返却

本誌に掲載された論文等の原稿は、原則として返却しない。

 

8. 著作権

(1) 本誌に掲載された論文等を当支部の許可なく無断で複製あるいは転載することはできない。著作権は当支部が所有し、第三者が複製あるいは転載を希望する場合には、当支部からの文書による承認を受けるものとする。ただし、著作者本人は本誌に掲載された論文等を自らの責任において利用することができる。

(2) 当支部は、本誌に掲載される2017年度以降に出版される著作物について、それを電子化し、公開することができる。

(3) 支部により電子化された著作物を、著作者が自身の所属機関のリポジトリ等に登録する場合は、支部からの承認を必要としない。ただしその場合は、電子版正本のDOIDigital Object Identifier)を記載し、電子版正本へのリンクが正しくできるよう留意することとする。

 

9. 編集事務

本誌の編集事務についての通信は、外国語教育メディア学会九州・沖縄支部事務局内編集委員会宛とする。

 

10. 期日

応募論文は、当該年度の10月末日までに、外国語教育メディア学会九州・沖縄支部事務局内編集委員会宛(書留郵便にて)送付するものとする。

 

 

【執筆資格】 

 

1. 九州・沖縄支部紀要執筆者は外国語教育メディア学会九州・沖縄支部会員でなければならない。但し、共著者として他支部会員を執筆者の過半数を超えない範囲で加えることができる。

【執筆要項】 

 

1. 基本執筆様式

執筆様式は、外国語教育メディア学会機関誌『Language Education& Technology』に準拠するものとする。なお、論文等の原稿は10ページ以内を基準とし、15ページを上限とする。

 

ただし、編集委員が特に認めた特殊な原稿はこの限りでない。

 

2. ページ番号

各ページには、用紙の下から1センチ(余白部分)の所に、中央寄せでページ番号を鉛筆で記入する。

 

3.原稿の提出

(1)審査用にプリントアウト原稿4部を提出する。その内3部については、著者名と所属を原稿に記載しない。

 

(2)別紙に、「研究論文」又は「実践報告」の投稿原稿の種別、住所、氏名、所属、連絡先の電話・FAX 番号、電子メールアドレスを記入して、原稿と共に支部事務局に提出する。

 

(3)紀要編集委員会から投稿原稿の採用通知を受けた投稿者は、定められた期限内に最終原稿の電子ファイル(MS-Word 等)を支部事務局に提出する。

 

付則

この規定は、2000(平成12)年1115日から施行する。

 

付則

この改正規定は、2003(平成15)年614日から施行する。

 

付則

この改正規定は、2010(平成22)年65日から施行し、201041日から適用する。

 

付則

この改正規定は、2011(平成23)年64日から施行し、201141日から適用する。

 

付則

この改正規定は、2014(平成26)年614日から施行する。

 

付則

この改正規定は、2017(平成29) 63日から施行する。
 

「研究論文」と「実践報告」について


「研究論文」と「実践報告」の定義(支部指針)

研究論文とは

主に実証研究の手法を用いたオリジナルな研究結果を報告するもの。
新たに得られた結論が広く一般的な事例に適用できるもの。



実践報告とは

実践活動(授業など)から得られた成果などについて、一般化には至らないが、
教育実践者の授業実践の改善に有益な示唆を与える具体的提言が盛り込まれているもの。